五十肩治療 参考にしてください。

   

こんにちは。

 

名古屋市北区志賀本通駅より徒歩3分

 

つかもと接骨院/ワカバはりきゅうマッサージ

 

院長の塚本です。

 

五十肩の実際の症例をご紹介します。

50代女性 主婦

 

数ヶ月前から肩に違和感があり、最近、手を挙げたときに痛みがあったため、整形外科を受診。

 

五十肩肩関節周囲炎と診断され、しばらく様子を見ていたが、なかなか良くならないため、当院を受診。

 

問診

いつ、どんな時、どうすると痛い、困っているか、過去のケガ(脱臼の有無)などを伺います。

この症例の方では、こんなお話が伺えました。

・「洗濯物を干すとき」

・「布団の上げ下ろし」

・「着替え、中でも手を背中に回す動作は苦痛」

・「夜、痛みで目が覚めることがしばしば。なんだか寝不足です。」

主婦の方ですので家事でお困りの様子です。

また、夜間痛のため熟睡が出来ず、睡眠にも影響が出ています。

その後、各検査を行います。

まずは、肩関節の動きの確認。

どの方向にどれくらい動くのか、どのくらい動かすと痛みが出るのか確認していきます。

次にそのほかの肩関節疾患(上腕二頭筋長頭腱炎腱板損傷、腱板断裂など)の可能性を探ります。

症状は似ているが、違う疾患の可能性もありますので、各検査を行って、判別していきます。

この方の場合、腕を前や横にあげる、外側にひねる、後ろへ引く動作で痛みがあります。

そのほかのテストでは、症状は出ませんでした。

それから姿勢の確認。

猫背や円背では、腕は上手く上がりません。こちらで姿勢と肩の動きの関係について解説していますので参考にしてください。

これら各検査で得られた情報を総合的に判断して、五十肩として治療にあたります。

しっかりと説明します。

腕の骨(上腕骨)と肩甲骨で構成されている関節(肩甲上腕関節)、

肩甲骨と背中で構成されている関節(肩甲胸郭関節)、

円背、猫背の影響で腕が上がりにくい状態になっていることを説明します。

模型や図を使用して説明していきます。

ここでしっかりとご理解いただくことが大切です。

その後の運動療法やご自宅でのセルフエクササイズにつながります。

けっして難しくならないようわかりやすく説明いたします。安心してください。

治療

治療のポイントは痛みの軽減と肩の動きの改善です。

・マッサージ

・鍼治療

・電気治療

・運動療法

を行い痛みの軽減と動きの改善を図っていきます。

押して痛いところ(圧痛部位)、肩の動きに制限を与えているであろう筋肉、痛みの引き金になっているポイント(トリガーポイント)などへ施術します。

ツボのある場所に反応が出ていることは、よくありますので一部ご紹介します。

臂臑、肩隅、肩貞

 

 

 

※当院では、苦手な治療への強制は致しません。鍼治療をご提案はさせていただきますが、「鍼は怖い、苦手」という方は、遠慮なくお申し付けください。

動きの制限に対しては、運動療法を行います。

肩甲骨が背中の上をうまく動くように動かしたり、上腕骨が関節のなかで安定的に動くように痛みのない範囲で行います。

夜間痛に対しては、寝るときは、腕の下にクッションやタオルを入れて、さらにクッションを抱えるなどして対処すると痛みの軽減につながる可能性があります。

今後について

この症例では、週に1日、1~2カ月の通院を勧めさせていただきました。

当院では、痛みがすごく強い場合は、週に2日程度の治療をお勧めいたします。

そうでなければ、週に1日程度を1~2か月が適当だと考えています。

 

治療のゴール設定を「動きの左右差が無いように」、「症状がでる前と同じように」など治療目標を高く設定してしまうと治療期間が長くなりがちです。

当院では、治療目標を「現状でお困りの症状の改善」にすることで治療期間を短くすることに努めています。

この症例の場合では、問診にて着替え、布団の上げ下ろし、洗濯物を干す作業、夜間痛でお困りでしたので、この症状の改善が治療目標となります。

※ただし、スポーツをされていている方は例外となります。

 

この治療計画を可能にするのが、施術と五十肩についての理解、セルフエクササイズです。

ですので、必ず現状の説明を行い、肩関節に対して理解を深めていただきます。

セルフエクササイズについては、治療終了後に毎回1つまたは2つのエクササイズ指導をさせていただきます。

症状や状態に適したもの、取り組みやすいものをご提案いたします。

今回の症例では、回旋筋腱板トレーニングを指導いたしました。

なぜこのトレーニングが必要かをご理解いただければ、しっかりとセルフエクササイズに取り組んでもらえます。

すぐに結果が出ることはありませんが、セルフエクササイズを併せておこなうことで段階的に症状が改善してくことを実感できると思います。

 

当院では、肩関節の施術を専門に行っています。

適切な評価・状態の説明を行うことで患者様に疾患の理解を深めていただくことが重要です。

マッサージや鍼灸で痛みを改善し、運動療法を実施・指導することで

日常生活の改善につなげていきます。

 

五十肩・肩関節疾患でお困りの方は、お問い合わせください。

 

名古屋市北区のはり・きゅう接骨院

つかもと接骨院/ワカバはりきゅうマッサージ

名古屋市北区憧旛町1-19

TEL 052-917-1118

予約優先制です。

周囲を気にすることなくプライベートな空間で施術の提供を致します。

 

引用画像:https://www.idononippon.com/ 医道の日本 日めくりツボカレンダー

 お問い合わせはこちら

 - お知らせ, 五十肩・肩の痛み, 症例