骨盤の関節、仙腸関節

      2017/07/28

骨盤の関節、仙腸関節とは

img569543321

 

骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節です。

仙骨は背骨の基礎をなす土台になります。

仙腸関節を介して体幹から下肢へ荷重伝達が行われます。

腸骨は、荷重時の床からの力を仙腸関節を介して体幹に伝達します。

仙腸関節は体重と床からの力が交差する位置にある。そのために、非常に負担のかかる関節とも言えます。

そのため高い安定性が求められます。

 

仙腸関節の安定性

周囲の靭帯により強固に連結され、仙腸関節の安定性に寄与しています。

靭帯とは、骨と骨をつなぐバンドのようなもので、ほとんど伸び縮みしない組織です。

それが仙腸関節の前後に張り巡らされています。そうすることでかなり強固な関節になります。

このことからも、かなりの安定性を必要とされているのでしょう。

ちなみに、人間の関節で最もよく動く関節は、肩関節です。

肩関節は、よく動くために、ある程度ゆるいつくりになっています。

そのため、よく脱臼しますよね。

E4BB99E885B8E996A2E7AF80EFBC93-thumbnail2

さらに筋肉によっても仙腸関節の安定性は図られています。

具体的には、広背筋-大殿筋ハムストリングス腹横筋が安定性に関係します。

 

仙腸関節の可動性

ほとんど動きのない半関節とされ、0,2~2mm程度の並進運動をするとされています。

多産婦産後の女性では、仙腸関節に多大な動きが観察されることがありますが、一般的ではないとされています。

 

仙腸関節に関連する痛み

大部分は殿部に痛みを感じますが、下肢鼠径部腰部などへの関連痛も認められています。

「腰や骨盤(仙腸関節)の痛みがある」、

「お尻や股関節の付け根(鼠径部)が痛い」

体幹や股関節の機能が低下すると力の伝達能力の低下により

仙腸関節にストレスが生じ疼痛がおきてしまいます。

 

もしかしてと思ったら

こちらで紹介するチェック方法で一度確認してみてください。

セルフで簡単に骨盤の関節(仙腸関節)の機能異常がチェックできる方法を紹介します。

力の伝達がうまく行えているかを診るのがASLR(自動下肢伸展挙上テスト)です。

1 両脚を伸ばし、仰向けに寝ます。

2 右脚の膝をまっすぐに伸ばしたまま、天井に向けて持ち上げます。(20cm~30cm程度)

どうですか?確認してください。

☑ 軽く脚が上がりましたか?それとも重くかんじましたか?

☑ 痛みはどうですか?腰やお尻の辺りに痛みが出ませんでしたか?

3 次に同じ要領で左脚も上げてみます。右足との違いを比較しましょう。

☑ どちらの脚がより重く感じますか?

4 今度は、骨盤の外側に手を置き両側から骨盤を圧迫しながら、1~3を行います。

同じように左右の違いを比べてみましょう。

☑ 脚の重さをあまり感じなくなった。

☑ 腰やお尻の辺りの痛みが和らいだ

このような変化があれば、骨盤の関節(仙腸関節)の機能異常があるかもしれません。

このテストで重要なのは、手で両側から骨盤を圧迫することです。

こうすることで、意図的に骨盤の関節(仙腸関節)の安定性を高めます。

不安定で緩みがちな関節が安定することで痛みの軽減につながります。

治療方法

骨盤の関節(仙腸関節)に機能異常があるケースでは、

腰やお尻、太もも、すね周辺の筋肉に緊張や圧痛が出現しやすいです。

これらの筋肉の緊張をリリースさせるためにマッサージや鍼、電気治療をおこなうことが効果的です。

運動療法の前にしっかりとほぐしておくことでスムーズに運動が行えます。

その後、関節の安定化を図るための運動療法を実施・指導を行い症状の改善につなげていきます。

具体的には、体幹部分や殿部のトレーニングになります。

装具の利用も検討します。

骨盤ベルトを利用することで痛みの軽減が期待できます。

装着方法も簡単ですし、インターネットなどでも比較的簡単に入手できます。

金額もそれ程かかりませんので、検討してみてはいかがでしょうか?

ただし長期の利用は、あまりお勧めできません。

運動を行うことで関節の安定化を図ることが理想的です。

 

「お尻や腰が痛い」

「出産後、腰に違和感がある。」

「脚の付け根や足全体が重くてだるい。」

このような症状がある方、まずは、今回紹介したチェック方法で確認してみてください。

骨盤の関節(仙腸関節)に機能異常があるかもしれません。

 

当院では、骨盤の関節(仙腸関節)の機能異常に対して適切で丁寧な治療を行っています。

ボキボキ、パキパキ、ゴリゴリなどの治療は行っておりません。

患者様が、心地よく感じるソフトなやさしい治療を心掛けています。

運動療法のアドバイスは、場所を選ばず、特別な道具も必要ない、無理なく誰でもできるものが大切だと考えております。

 

骨盤の痛みや腰痛でお悩みの方

つかもと接骨院/ワカバはりきゅうマッサージへお越しください。

名古屋市北区憧旛町1-19

TEL 052-917-1118

予約優先制です。

周囲を気にすることなくプライベートな空間で施術の提供を致します。

 

 

 

 

引用画像: http://lowbackpain15.seesaa.net/

      http://ikgroup.co.jp/

 

 お問い合わせはこちら

 - 症例, 腰痛