お尻とかかと

      2017/06/21

お尻(殿部)と かかと

腰痛を評価するとき、ふとももの前の筋肉である大腿四頭筋の硬さをチェックしています。

方法は、簡単。

うつ伏せになり、膝を曲げていき、

踵(かかと)がお尻につくかどうかをみています。

img_5264

すると、結構、皆さんお尻まで踵が届きません。

10代で届かないなんてこともあります。

 

腰痛との関連について

大腿四頭筋とは、大腿直筋・中間広筋・外側広筋・内側広筋の四つの筋の総称です。

1e01

この中でも、骨盤に起始のある大腿直筋が問題になります。

大腿直筋が短縮したり硬くなると骨盤を前に引っ張てしまい骨盤は前傾します。

骨盤の前傾に伴って腰椎の前弯は増強します。腰が反ってしまいます。

すると腰部周囲筋(脊柱起立筋群)が緊張しますので

腰に痛みを感じやすくなります。

 

jpg_01

骨盤の前傾やら腰椎の前弯やらなんだか難しい話になってしまいましたが、

要は、「かかとがお尻につくぐらいの柔軟性が必要です。」ということ!

ストレッチを行うだけでも十分対応できると思います。

方法を紹介します。

img_5269

 

 

このような方法で運動前入浴後にセルフストレッチを導入することで、

腰痛や膝痛の予防に努めましょう

 

腰痛や肩こり、五十肩でお悩みの方、お問い合わせください。

 

名古屋市北区憧旛町1-19

はり・きゅう・接骨院

つかもと接骨院/ワカバはりきゅうマッサージ

当院は、予約優先制です。

プライベートな空間での施術を提供をしております。

お気軽にご相談ください。

引用画像:http://www.cramer.co.jp/

     http://labonetz.jp/

 

 

 

 

 

 

 お問い合わせはこちら

 - 症例, 腰痛